大宰府 アートプロジェクト

3月6日、大宰府・鹿子生整形外科医院にて、高齢者の皆様、そしてNPO法人健脳リハビリテーションの皆様と、新たに始まるアートプロジェクトの打ち合わせを行いました。

まずは高齢者の皆様と、お互いに自己紹介を行いました。昔の生活のお話等々、様々な興味深いお話をうかがうことが出来ました。

また、高齢者の皆様がおつくりになられた絵画や、絨毯など、様々な作品を見せて頂き、その完成度の高さに驚いておりました。

これから始まるアートプロジェクトへの期待に、胸が高まりました。

IMG_2831 IMG_2822 IMG_2829

4月3日、この日は高齢者の皆様の大切な写真を持ってきて頂きました。

それぞれの写真にまつわる貴重なお話を色々お聞きする中で、昔のお菓子や遊びについての話題がメイントピックとして挙がってきていました。

より深く、皆様との交流が出来たのではないかと思います。

IMG_2850 IMG_2863 IMG_2885

4月17日、この日は、片山雅史の、これまでのアーティストの経歴を、プロジェクターを用いて高齢者の皆様にご紹介しました。

熱心にごらん頂きました。好奇心旺盛な皆様から、様々な質問が、飛び交うこととなりました。

より深くお互いを分かり合える機会となったのではと思います。

IMG_2917 IMG_2913

IMG_2916

5月15日、この日は、片山先生が集めた大正、昭和時代の遊びや生活についての資料を高齢者の皆様に見て頂きました。

それらの写真から思い起こされる、沢山の思い出が話題にぼりました。子供の頃話等で、ディスカッションの雰囲気もどんどん盛り上ってきました。

これから、皆様と良い作品を作るために、頑張っていきたいと思います。

11.pic_hd IMG_9795 IMG_9796

IMG_9794IMG_9799
IMG_9797

IMG_9798IMG_9800

 

 

 

 

 

 

 

6月12日、この日から作品制作に向けての作業を始めました。

片山先生はまず作業する前に、今度の作品の構想について高齢者の皆様に説明しました。皆様から頂きました写真をそれぞれトリミングし、a4サイズの紙に印刷し、上に『太宰府』の象徴としての梅を乗せ、その上から梅色の顔料で色を塗っていきました。

皆様も積極的に作業をしてらっしゃいました。

2 3 4 5 6 7

6月26日は、この日は、前回の作業を踏まえて、もう一度上塗りをして、全体の画面にさらなる立体感を持たせました。

そして最終の展示形式について、みなさんと一緒に討論を展開しました。

作品の完成への期待に、胸が高まりました。

6 4 2 153

7月3日、この日は作品の最終的な作業と微調整を行いました。中央のおしべとめしべの部分に黄色を塗り、塗り残しの無い様に、一枚一枚しっかりと確認を行いました。

完成した作品を見渡した時の感慨深さはとても大きなものでした。

2 3 未标题-1 6 4

7月24日、いよいよ最終日、この日は作品の仕上げ作業を行いました。

来ていただいて高齢者のみんなさまのおかけて、現場の雰囲気は想像以上に盛り上がっていました。

そして、作品の仮吊りして、完成形の様子を見ました。

皆様、本当にありがとうございました。

1 4 6 IMG_6414 0 3 5IMG_6570

前の記事:
糸島芸農